Load Patch Select from Bank:
Add/Replace Effect
COMP
FILTER
DRIVE
AMP
MOD
SFX
DELAY
REVERB
Show All MS series effects

Zoom MS-50G / MS-60B / MS-70CDR Patch Editor


This is a browser based ZOOM MS-50G / 60B / 70CDR patch editor
Launch this page with latest Chrome after connect ZOOM MS-50G / 60B / 70CDR via USB.

これはブラウザで動作する ZOOM MS-50G / 60B / 70CDR 用のパッチエディタです
ZOOM MS-50G / 60B / 70CDR を USB で接続した後、このページを起動してください。


This is still very tentative version for the confirmation of MIDI related fucntion.
If you are interested in MS-50G / 60B / 70CDR MIDI related function, check GitHub repository
GitHub repository

|

Usage

  • Launch
    • Connect PC/Mac to MS-50G / 60B / 70CDR via USB
    • Launch this page. You should use Latest Chrome. On Windows, unplugging the USB while running may cause freeze (this will be fixed on Chrome 60). Once close all Chrome window if you have MidiPort detection problem.
    • Press accept if 'MIDI device' permission dialog is displayed (press keyboard icon on right edge of address bar and retry if you make a mistake)
    • After splash screen, all patches and effects with parameters are displayed
  • Patches
    • Click patch name to select
    • Right-click (ctrl+click for Mac) or patch number button will show Context-menu.
    • From context-menu, Copy/Paste/Rename/etc patches
    • Patches are draggable to another position for overwrite/exchange
    • By context menu - ExportToFile/ImportFromFile, each patch can be backup/restore to local file
    • By context menu - SavePatchToDevice, force each patch to be stored to device's memory
    • If you want to choose export directory when 'ExportToFile', I recommend change Chrome setting of setting-detail-download confirm folder
    • If you want to exchange patch data with BBS etc, 'Show Patch as text' and 'Import Patch from text' in the context menu are useful
    • 'Show Patch as text' displays a patch expressed in text (hex string), it can be used for copying, saving, posting to BBS etc
    • 'Import Patch from text' will load patches by entering the text displayed in 'Show Patch as text'
    • 'Import from text' also support the format of MS-50G patch page in 'http://guitarpatches.com'. Copy entire text by (Ctrl-A / Ctrl-C) in patch page, and paste to Patch editor's input field
  • Effects
    • In the bottom row, 6 effects (4 in 60 B) in use are displayed
    • Click effect name to switch effect/bypass
    • Effects are draggable to another position to change order
    • From right-click or number-button context menu, each effect can be add/move/del
    • Each parameter can be edit by drag(coarse)/shift-drag(fine)
    • Mouse wheel and Shift+wheel are also available to value edit
  • Bank
    • by Export Bank/Import Bank buttons, all 50 patches can be save/load as zipped one file.
    • bank file is a .zip file that contains 50 patch files. It can be edit as normal .zip file if you need.
    • When a bank file is selected when one patch file loading, a list in the bank file is displayed, and one patch can be selected from among them.
  • 本体での操作
    • パッチエディタと本体での操作を併用する事もできます。本体でのパッチの選択やパラメータ調整などもパッチエディタに反映されます。
    • パッチエディタの画面を見ながら本体のノブでパラメータの調整を行うという使い方も可能です
  • AutoSave
    • Autosave mode is defaultly ON. But this is not automatically linked to device's "AUTOSAVE" mode. It is recommended to set according to device's "AUTOSAVE" mode.
    • In "AutoSave On" mode, patch replacement etc on the browser will be automatically stored to the device's memory
    • If AutoSave is Off, patch replacement etc in the browser is not stored to device's memory until pressing the Save all patches button or Context-menu - SavePatchToDevice for each patch.
    • Note that device's "AUTOSAVE" mode is independent to this behavior. A patch may be stored to memory by operation of device itself.
    • "Save all patches" button will force all 50 patches to be stored to device's memory
  • DSP consumption
    • The green or red bars displayed next to each effect represent approximate DSP consumption.
    • It is approximated value and not strictly accurate, but in general, red means that the effect consumes more than 50% of DSP and yellow means more than 30%.
  • Install check
    • With MS-50G ver 3, you can select the effects to be installed. By 'Install Check' button, you can check which effect is installed.
    • In the effect list panel, the one with the green background is the actually installed effect on the device.
  • Keyboard
    • Keyboard Left/Right is assigned to patch Down/Up, 'a'-'t':patch1-patch20, 'A'-'T':patch21-patch40 '1'-'9','0':patch41-patch50
    • Keyboard 'F1'-'F6' is assigned to On/Off each effect.
    • Keybeard 'F9' is assigned to Tuner mode On/Off.

使い方

  • 起動
    • PC または Mac と MS-50G / 60B / 70CDR を USB で接続します
    • 最新版の Chrome を使用してこのページを起動します。Windows では動作中に USB ケーブルを抜くとフリーズする事があります(Chrome60で修正される模様です)。MIDIポートの検出関係で問題がある場合には一度 Chrome の全てのウィンドウを閉じてください
    • "MIDIデバイス" のアクセスに関するダイアログが出た場合は、許可してください。(やり直す場合はアドレスバーの右端にあるキーボードのアイコンをクリックします)
    • スプラッシュスクリーンの後、パッチの一覧とエフェクトパラメータが表示されます。
  • パッチ
    • パッチ名をクリックすると選択されます
    • 右クリック(MacではCtrl+クリック) またはパッチ番号のボタンを押すとコンテキストメニューが表示されます
    • コンテキストメニューからはパッチの Copy / Paste / Rename 等が実行できます
    • パッチのポジションを変更するにはパッチ名をドラッグしてください。ドロップした際に上書きか交換を選択できます
    • コンテキストメニューの Export To File / Import From File はパッチをローカルファイルに保存/読込を行います
    • コンテキストメニューの Save Patch To Device はパッチを本体のメモリに名前を付けて保存します
    • ExportToFile で保存されるフォルダを毎回選択するには Chrome のダウンロードの詳細設定を変更してください
    • BBS等でパッチデータを交換したい場合はコンテキストメニューの Show Patch as text と Import Patch from text が便利です。
    • Show Patch as text は、パッチをテキスト(16進文字列)で表現したものを表示しますので、コピーして保存、BBS等への投稿に使用してください。
    • Import from text は、入力欄に Show Patch as text で表示されたテキストを入力する事でパッチをロードできます。
    • また Import from text は http://guitarpatches.com の MS-50G 用のパッチのページをそのままコピー (Ctrl-A / Ctrl-C) したものを貼り付ける事もできます。
  • エフェクト
    • 下段には6個(60Bでは4個)の使用中のエフェクトが表示されます
    • エフェクト名をクリックすると、エフェクトのオン/オフが切り替わります
    • エフェクト名をドラッグする事で順番を入れ替える事ができます
    • エフェクト名を右クリックまたはエフェクト番号のボタンを押すとコンテキストメニューが表示され、エフェクトの追加や削除、移動ができます
    • エフェクトの各パラメータの調整はドラッグ(微調整はShift + ドラッグ)で行います。
    • また、マウスホイールの操作でパラメータ調整を行う事もできます。微調整は (Shift + マウスホイール)で行います
  • バンク
    • Export Bank/ Import Bankのボタンで50個のパッチをまとめてファイルへの保存/読込ができます
    • バンクファイルはパッチファイルを.zipにまとめたものです。zipファイルの中身として入っているパッチファイルを入れ替える等の編集をしても構いません
    • 1つのパッチファイルのインポート時にバンクファイルを選択した場合はバンクファイル内の一覧が表示され、その中から選択する事ができます
  • 本体での操作
    • パッチエディタと本体での操作を併用する事もできます。本体でのパッチの選択やパラメータ調整などもパッチエディタに反映されます。
    • パッチエディタの画面を見ながら本体のノブでパラメータの調整を行うという使い方も可能です
  • オートセーブ
    • AutoSaveモードはデフォルトでONになっており、AutoSaveボタンでON/OFFできますが、本体のAUTO SAVE 機能とは自動的にはリンクしていません。本体の AUTO SAVE 機能のON/OFFと合わせて使用してください。
    • オートセーブ ON では、ブラウザ上でパッチの入れ替え等を行った場合に自動的に本体のメモリに保存を行います
    • オートセーブ OFF の場合はブラウザ上のパッチの入れ替え等はSave all patches ボタンまたはそれぞれのパッチに対してコンテキストメニューの Save Patch To Deviceを行うまで保存されません
    • ただし本体がAUTOSAVEモードの場合には本体でのパッチ操作により保存されます
    • Save all patches ボタンは 50個すべてのパッチを本体メモリに保存します
  • DSP消費
    • 各エフェクトの横に表示される緑や赤のバーはDSPの消費量の概算を表します
    • おおよその見積もりの値ですので厳密に正確ではありませんが、赤はDSPを50%以上、黄色は30%以上をそのエフェクトが消費する事を表します
  • インストールチェック
    • MS-50G ver3 では、本体にインストールするエフェクトを選択できるようになりましたが、"Install Check"ボタンでどのエフェクトがインストールされているかを確認する事ができます。
    • エフェクトの一覧画面で背景が緑のものが実際にデバイス上にインストールされているエフェクトになります
  • キーボード
    • 左右キーはパッチの上下に割り当てられています。またキーの 'a'~'t'はパッチ1~20、'A'~'T'はパッチ21~40、'1'~'9','0'はパッチ41~50に割り当てられています
    • キーボードの 'F1' ~ 'F6' はエフェクトの1~6のオン/オフを切り替えます
    • キーボードの'F9'はチューナーのオン/オフを切り替えます